【SFC→ゆるゆるミリオンマイラー】マイルで乗るならライフタイムマイルを貯めるべし。手動計上「事後登録」の方法を解説。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加


楽しかったハワイ旅行。
マイルを消費して特典航空券で行ったのですが、ライフタイムマイルを貯める場合は手動計上の手続き、つまり事後登録が必要です。

そもそもライフタイムマイルとは

ライフタイムマイル(=LTマイル)とは、生涯のフライトマイル(距離)のことです。
このLTマイルを特定の航空会社で記録するプログラムがあります。
そしてその数に応じてステータス取得時と同じような恩恵を生涯受けることが可能です。

ANAのミリオンマイラープログラム

ANAの場合は、「ミリオンマイラープログラム」というものになり、カウントはANAマイレージクラブの入会後から始まります。
スターアライアンスをはじめとした提携の航空会社の分も貯まります。

ANAだけで100万のライフタイムマイルを貯めると、マイルの有効期限が撤廃されたり、プラチナのステータスを取らずともSFCに入会できるメリットがあります。
さらにその先の200万だと、SFCにたとえ入会していなくとも「ANA LOUNGE」だけでなく「ANA SUITE LOUNGE」も生涯利用できるようになります。

この、「マイルの有効期限が無くなる」というのは結構魅力的なので、とりあえず100万LTマイルを生涯かけてゆるゆる目指しているのが現在の私です(笑)

なお、フライト時に取得できるLTマイルはステータスを取得するときのプレミアムポイントのように、航空券の種別による増減はありません
それに普通のマイルのようにカード利用やポイント交換で貯まることもないんですよね。

つまり…ひたすら乗る以外に貯める手段が無いのです。

特典航空券を計上できるANAはコスト的優位

国内の航空会社ANAとJALで違う点は特典航空券を計上できるかどうかです。
ANAはできますが、JALはできません

つまり、特典航空券を使ってミリオンマイラーを目指せるANAの方がマイルを利用した旅行でも加算されるため、コスト的優位であると考えます。

ANAのSFCとJALのJGCの両方を取得している私としては、もはやどちらに乗ってもそれなりの恩恵を受けることは可能で中立な立場ではありますが…

  • JALはカード会員はボーナスFOP(=フライオンポイント)がもらえる等毎年のステータスは取りやすいため、出張等の有償はJALメイン
  • ANAはマイルを貯めやすい環境が整っており、特典航空券で乗るならANA

とこんな感じで使い分けているのが実態です。
…本来はどちらか一方に絞ったほうが早期達成するかも知れませんが、JALもいいところがあるので、絞りたくないって感じですけどね(笑)

特典航空券と有償航空券での計上方法の違い

航空券を普通に購入して搭乗した場合(=有償航空券)は自動計上されるので、乗っているだけで自ずと貯まっています。

しかし、特典航空券の場合は自動計上されません
そのため手動で計上するための申請をする必要があります
時々ご厚意で計上してくれる時もあったのですが…

LTマイルの記録は提携会社を利用したときのフライト登録や抜け落ちているフライトの登録をするときに利用する、事後登録というやり方で登録します。

LTマイル事後登録の登録方法

申請の準備

必要な情報は搭乗便名や航空券の番号になります。
これは実際に搭乗した航空券、もしくはeチケットの控えにすべて記載されています。

ANAマイレージクラブに登録しているメールアドレスなどにPDFが送られていると思います。
こちらを参考にするといいでしょう。

ちなみに座席の入力は任意なので、eチケットに記載されていなくても手続きすることは可能です。

eチケット、航空券を紛失した場合はサービスセンターへ

紛失した方は、サービスセンターに連絡する必要があります。

■ANA国内線(他社運航のコードシェア便を含む)、ANA国際線に搭乗の場合
ANAマイレージクラブ・サービスセンターへ、「搭乗日」、「便名」、「区間」をお知らせのうえご相談ください。  ご搭乗の情報をもとに確認させていただきます。

■提携航空会社に搭乗の場合
以下2点の書類が不足している場合は、事後登録ができません 。
1.航空券お客様控えまたはeチケットお客様控え
2.搭乗券

搭乗券があり、航空券お客様控えまたはeチケットお客様控えを紛失されたお客様は、航空券の発券元(旅行会社等)へ航空券お客様控えまたはeチケットお客様控えを再発行できるかお問い合わせください。
※ANAでは提携航空会社のご搭乗の情報は確認できませんのでご了承ください。

ANAホームページより

ANAマイレージクラブ・サービスセンター
0570-029-767(全国一律料金)
03-6741-6683(有料/海外から)
[3]「マイレージお問い合わせ」を選択してください
コミュニケーター受付時間
月~金9:00~19:00 土9:00~17:00(日・祝・年始休)
【日本以外の国から】
お近くの支店へお問い合せください。

登録手順

まずはANAのページにアクセスし、「マイメニュー」を選択。
この時点でログインしておくとスムーズに手続き可能です。


「マイレージ事後登録」を選択します。

今回は国際線なので、「国際線事後登録」を選択。

再度マイレージクラブへのログイン画面と移ります。

ana mile member login

ログインで来たら、登録手続きの画面に移管します。

email

メールアドレスの確認。登録後に完了メールが届きます。
マイレージクラブに登録しているアドレスと別のものを指定することも可能です。

航空券情報を登録していきます。1回につき最大4回分の情報を登録できます。

搭乗日の日付、便名、座席(任意)、予約クラス、航空券番号を入力していきます。

入力したら確認画面へ。

特典事後登録航空便確認画面YはXに自動変換

ちなみに予約クラスは「Y」と入力していたのですが、勝手に「X」に書き変わりました。

チェックボックスにチェックを入れて、「登録する」を押すと、登録完了します。

特典事後登録航空便登録完了

…あれ、「申請完了」じゃなくて、「積算完了」になっていますね。
ANAの便かつすべての情報がちゃんと入力できていれば即完了する場合もあるようです。

LTマイルが加算されているか確認

加算されているのか確認するには、マイル一覧を見るのが一番確実です。
加算前の画像。

加算されていないと、旅行したのにハワイに行った履歴が残っていないですね。
一覧に載っていない状態=LTマイルに加算されていないことを意味します。

申請後改めて画面を確認してみると、こんな感じで一覧に載ってきます。

LTマイルもしっかり増えていますね。これで手続き完了です。

まとめ

ANAの特典航空券は使ったら必ずすぐ手動計上するための手続き、事後登録をしましょう。

知らずに6ヶ月過ぎてしまうと登録できなくなりますので、思い立ったらすぐやるのがミソです!

旅嬢Saori
【自己紹介】 あんまり英語ができないのにもかかわらず、気が付けばマイナーな国も含め30回以上海外に行っております、ごく普通のOLです… 近年は暇さえあれば、国内外を旅しております。 最近はマイルを貯めて航空券に交換したり、公式サイトのセールを狙ってみたり、個人手配にも挑戦したり。 英語のできる友人と旅行することが多いですが、一人旅もしています。 現地では英語ができない分、入念な下調べとIT技術で何とか乗り切っていますので、何かお役に立てれば幸いです。
back to top